ETCカードは年会費無料がおすすめ

ETCカードは、クレジットカードがないと発行ができません。
ETCカードを利用した分は、クレジットカードで支払いをするためです。
ETCカードを使いたいなら、まずクレジットカードを発行する必要があります。

ETCカードにはクレジットカードに追加発行する分離型と、クレジットカードと一体になった一体型があります。
おすすめなのは分離型です。
一体型はクレジットカードとETCカードが一体になっており、持ち歩くカードを減らせるメリットがあります。
しかし発行されている数が少なく、選択肢が少ないのが難点です。
またクレジットカードを車載器に刺しっぱなしにして車を離れる…という例が多く、防犯上良くありません。
ETCカードだけでは有料道路の支払いしかできませんが、クレジットカードだとショッピングもキャッシングもできてしまう可能性があります。
盗まれた時に被害額が大きくなってしまいます。

そして分離型がおすすめなのは、年会費無料で発行できるETCカードが多いためです。
年会費無料クレジットカードで年会費無料のETCカードを発行すれば、コストをかけずにETCカードを使うことができます。
ETCカードをたくさん使えばたまったポイントで年会費分を補うことはできますが、それほどETCカードの利用金額は多くないというケースも多いでしょう。
それなら年会費無料のETCカードの方が、断然お得です。

ETCカードは年会費無料だからといって、機能が落ちるということはありません。
クレジットカードは年会費無料だとポイント還元率が低い、保険が付いていないなど、機能が劣るという面があります。
使い方によっては、年会費有料の方がお得になることもあります。
しかしETCカードは、年会費無料だからETCの割引率が下がる…なんてことはありません。
走行料金を支払うだけでのものなので、年会費無料でも年会費無料でも変わらないのです。
それなら年会費無料のETCカードの方が良いでしょう。

ETCカードは年会費は、クレジットカードとは別に設定されています。
よくあるのは年会費無料クレジットカードだから、ETCカードも年会費無料だろうと思ってしまうケースです。
クレジットカードが年会費無料でもETCカードの年会費は有料という場合もありますので、年会費は必ずチェックしておきましょう。
またETCカードは年会費のほか、発行手数料が必要になることがあります。
発行手数料の有無も確認しておいてください。

■オリコカードザポイント

年会費無料クレジットカードで、現在最も勢いがあるのがOrico Card THE POINTです。
クレジットカードも年会費無料ですが、ETCカードも年会費無料。
発行手数料も無料です。

Orico Card THE POINTは、100円に1ポイントがたまります。
ETCカードの利用でも、100円に1ポイントの付与となります。
年会費無料クレジットカードとしては、還元率が1.0%と高くお得です。

・入会から6ヶ月間はポイント2倍
Orico Card THE POINTは入会から6ヶ月間は、ポイント2倍になります。
100円に2ポイントの付与となり、ETCカードの利用でも100円に2ポイントを獲得できます。
クレジットカードが届いたら、すぐに使い始めるのがおすすめです。
ETCカードはクレジットカードの新規申込時に、同時申込してしまうのがおすすめです。

・オリコモールで特別加算あり
オリコモールはオリコカード会員向けの、インターネットショッピングモールです。
ここを経由したショッピングの決済をオリコカードで行うと、クレジットカードポイントとは別にボーナスポイントの付与があります。
これだけでもお得なのですが、Orico Card THE POINTはボーナスポイントに0.5%の特別加算があるのです。
ボーナスが0.5%のショップなら、プラス0.5%となり、1.0%のポイント加算となります。
クレジットカードポイントと合わせると1.0%+1.0%で2.0%、入会から半年間は2.0%+1.0%で3.0%のポイントを獲得できお得です。

・2種類の電子マネーを搭載
クレジットカードだけでなく、電子マネーもあると便利です。
ただ電子マネーは、チャージをするのが面倒…という面があります。
Orico Card THE POINTはiDとQUICPay、2つの電子マネーを搭載しています。
どちらもポストペイの電子マネーですので、あらかじめチャージをしておく必要はありません。
残高不足を気にしなくてもよいので使いやすいでしょう。
コンビニなど少額の決済時におすすめです。

・デザインが良い
Orico Card THE POINTはマットなブラックを基調としたデザイン。
シンプルで高級感があるデザインとして好評です。
年会費無料クレジットカードなのに、ブラックカードのような雰囲気もあります。
ただETCカードのデザインはオリコカード共通となりますので、Orico Card THE POINTのようなデザインではありません。

■JCB EIT

JCB EITは年会費無料のJCBプロパーカードです。
銀行系のプロパーカードは年会費有料が多いのですが、年会費無料なら気軽に持つことができるでしょう。
ETCカードも年会費無料、発行手数料もかかりません。

JCB EITはJCBカードのポイントサービスとなる、OkiDokiポイントがたまります。
通常は1,000円に1ポイント付与となるのですが、JCB EITはポイント優遇がありいつでも2倍となります。
1,000円に2ポイント付与となり、還元率は約1.0%です。
年会費無料クレジットカードとしては、高い還元率を誇っています。
ETCカードの利用分も2倍の1,000円に2ポイント付与となりお得です。

・保険が付帯
JCB EITは年会費無料クレジットカードながら、最高2,000万円の海外旅行保険が付帯します。
死亡や後遺障害時だけでなく、疾病や傷害による治療費も最高100万円まで補償がされます。
しかも自動付帯となるので、JCB EITで旅行代金を支払わなくても補償を受けることができます。
海外旅行のお供にもおすすめのクレジットカードです。
そして最高100万円のショッピング保険も付帯。
国内、海外、どちらで購入したものでも補償の対象となります。

・6種類のデザインがある
JCB EITはストライプ、ステッチ、チェック、ロゴ、ドット、ブラックの6種類があります(ブラック、ステッチ、ストライプはQUICPayの搭載が可能)。
この中から好きなデザインを選ぶことが可能。
自分好みのデザインのクレジットカードが選べるのは嬉しいですよね。
ただETCカードのデザインは選ぶことができません。
JCBカードのETCカードとなりますので、どのデザインのJCB EITを選んでも同じデザインのETCカードとなります。

・初回リボ手数料無料
リボ専用クレジットカードは年会費無料、保険付帯など、お得になっている場合が多いです。
JCB EITもその中に入ります。
JCB EITはリボ専用クレジットカードとなり、請求時はすべてリボ払いとなるのです。
ETCカードの利用分も、支払い方法はリボになります。
クレジットカードはリボ払いにすると、支払い手数料を支払わなければなりません。
しかしJCB EITは、初回のリボ手数料が無料。
1か月分の利用金額を初回ですべて支払ってしまえば、リボ手数料を支払わなくて済むのです。
年会費無料でリボ手数料もかからない、なかなかデキるクレジットカードと言えるでしょう。

■ライフカード

ライフカードは年会費無料で発行できるクレジットカードです。
ETCカードも年会費無料、発行手数料もかかりません。

ライフカードは1,000円に1.0%のポイントがたまります。
ETCカードの利用も、1,000円に1.0%のポイント付与となります。

・ポイントがたまりやすい
ライフカードは通常は約0.5%の還元率となりますが、ポイントがたまりやすいサービスが多々あるのが特徴です。
まず入会初年度は、ポイントが1.5倍になります。
ETCカード利用分も1.5倍です。
入会翌年度からは、前年度のカード利用金額によりポイント1.5倍~2倍になります。
そしてライフカードならではのサービスとなるのが、誕生月ポイント5倍です。
最低でも還元率は約2.5%となり、かなりお得です。
もちろんETCカード利用分も、誕生月ならポイント5倍です。
年会費無料で、ここまでポイント還元率が上がるのはスバラシイですね。

・ポイント有効期限が長い
クレジットカードのポイント有効期限は、2年が一般的となっています。
しかしライフカードは、最長5年間にすることができます。
年会費無料ですしポイントを長いこと貯められるので、誕生月にだけ集中的に使いポイントをためる…といった使い方もおすすめです。

・審査通過しやすい
ライフカードは審査が柔軟なクレジットカードとされています。
ライフカード自体は信販系に分類されますが、親会社は消費者金融のアイフル。
消費者金融系クレジットカードともいえ、審査に通過しやすくなっているのです。
審査が緩いクレジットカードとに、消費者金融系のACマスターカードがあります。
クレジッドカード審査に落ちやすい人にはおすすめとされているのですが、ETCカードの発行はありません。
ETCカードを発行でき審査に通りやすいクレジットカード…となると、ライフカードがおすすめとなるのです。

・学生には学生用がおすすめ
学生がETCカードを発行したい場合は、ライフカード学生専用がおすすめです。
年会費無料なのに、最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯します。
そして海外利用分5%キャッシュバックなどのサービスもあります。
さらに毎月Amazonのギフト券が当たるチャンスがあるなど一般のライフカードよりもお得な内容となっていますので、学生は学生専用を選ぶのが良いでしょう。
ライフカード学生専用でも、ETCカードは年会費無料、発行手数料無料で発行できます。

■VIASOカード

VIASOカードは年会費無料で、ETCカードの利用でお得になるクレジットカードです。
1,000円に5ポイントがたまります。
しかしETCカード、携帯やPHS、プロバイダーの利用分は、ポイントが2倍となります。
1,000円に10ポイントの付与となるので、還元率は1.0%に上がります。
ETCカードの利用が多い人は、ポイントがたまりやすいクレジットカードでしょう。
ETCカードも年会費無料です。

・ポイントはオートキャッシュバック
VIASOカードは1,000ポイントたまると、自動的に1,000円が決済口座に入金されます。
いちいち交換手続きをしなくてもよく、気が付いたら口座の残高が1,000円増えていた!という感じでしょう。
オートキャッシュバックが、VIASOカードを選んだ理由というケースも少なくはありません。

・ネットショッピングでお得
VIASOカード会員は、インターネットショッピングモールのVIASO eショップを利用することができます。
ここを経由したネットショッピングでは、1.0%~10.0%のボーナスポイントを獲得できます。
他のクレジットカードのショッピングモールよりポイント付与率が高く、ネットショッピングでお得になるクレジットカードです。

・保険が付帯する
年会費無料のクレジットカードは全く保険が付帯しないケースが多いのですが、VIASOカードは年会費無料ながら保険の付帯があります。
まず最高2,000万円の海外保険が付帯します。
利用付帯ではありますが、年会費無料なのに補償金額も高くなっています。
そして海外利用、国内はリボや分割分のみが対象となりますが、最高100万円のショッピング保険が付帯します。

・デザインカードもあり
VIASOカードは一般のデザインだけでなく、ふなっしー、くまモン、マイメロディなどの人気キャラデザイン、ラブライブ!、けいおん!などのアニメデザインなどが用意されています。
デザインカードでもETCカードは発行できます。

・ETCカードは年会費無料だが…
VIASOカードはETCカードも年会費無料なのですが、発行手数料として1,000円(税別)が必要となってしまいます。
年会費ではないので発行時だけ支払えばよいのですが、できれば発行手数料は無料の方が嬉しいですね。
発行手数料は支払いたくない!という人は、ETCカードの発行手数料が無料となるJCB EITやオリコカードザポイントなどがおすすめです。