クレジットカードのヘビーユーザーにおすすめETC

■ETCカードの還元率が高いクレジットカードを選ぶ

ETCカードを発行するなら、還元率が高いクレジットカードがおすすめです。
ETCカードを利用すると、クレジットカードの利用分に加算されます。
利用金額に応じてポイントが付与されることになり、ポイント還元率が高いクレジットカードの方がお得なのです。

・ポイント還元率とは
クレジットカードは利用に応じて、ポイントが付与されます。
100円に1ポイント、1,000円に5ポイントなどといった感じです。
利用金額に対して何パーセントのポイントが還元されるか、これが還元率となります。
100円に1円相当のポイント付与があれば、還元率は1.0%です。
1,000円に5円相当のポイント付与があれば、還元率は0.5%です。

・還元率が高いクレジットカードとは
クレジットカードのポイント還元率の平均は、0.5%だと言われています。
昔はどのクレジットカードもほとんど0.5%となっており、どれを選んでも同じ…という風潮がありました。
しかし現在は還元率が高いクレジットカードがどんどん登場してきており、0.5%では高いと言えなくなってしまいました。
最低でも0.5%、選ぶなら0.5%以上の還元率となるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。
できれば1.0%以上が良いでしょう。

・ETCカード利用の還元率を見る
ETCカードの利用金額に応じたポイントが加算されます。
通常は0.5%のクレジットカードなら、ETCカードの利用分も0.5%のポイントが還元されます。
しかしETCカードは、ポイント還元率が変わるケースがあるので注意をしましょう。
通常はポイント還元率0.5%でも、ETCカードになると倍の1.0%になるクレジットカードがあります。
VIASOカードがそれに当たります。
通常の還元率は0.5%ですが、ETCカードの利用分は2倍の1.0になります。
ETCカードの利用が多い方ならポイントがたまりやすく、おすすめのクレジットカードとなるでしょう。
またETCカードの利用分は、ポイント加算の対象外となってしまうクレジットカードもあります。
ポイントではなく割引があるP-oneカードは、ETCカードの利用分は割引の対象とはなりません。
普段は1%の割引があり1.0%の還元率となるクレジットカードと同じお得度なのですが、ETCカードの利用ではお得にならないのです。
ETCカード利用時のポイント付与はどうなっているのか、確認してから発行するのが良いでしょう。

■高還元率クレカでETCカードを発行する方法

有料道路を走行する車の約9割が、ETCカードを使用しているそうです。
ETCカードだと走行料金の割引があります。
料金所をノンストップで走行できますし、ETCカードを利用する方がメリットが大きいためでしょう。

ETCカードはクレジットカードで追加発行するほか、ETCパーソナルカードというクレジットカードが不要なETCカードもあります。
クレジットカードを作るのが面倒くさい、クレジットカードの審査に落ちてしまう…といった人は、ETCパーソナルカードでいいや!と思ってしまうでしょう。
ただETCパーソナルカードは、郵送でしか申込ができません。
今の時代オンラインで好きな時に申込みができる…というのが常識ですが、それができません。
そして高額なデジポットが必要になります。
最初に何万円も用意しなければならないことが多いです。
年会費もかかりますし、費用の負担が大きなETCカードです。
それならETCカードは、クレジットカードで追加発行するのが良いでしょう。

ETCカードの作り方

・クレジットカードを選ぶ
ETCカードを発行するクレジットカードを選びます。
おすすめなのは還元率が高いクレジットカードです。
還元率が高ければ、ETCカードの利用で多くのポイントを獲得できお得となります。

・申込をする
ETCカードの申込方法は2種類あります。
まずは現在持っているクレジットカードで、追加発行をする方法です。
還元率が高いクレジットカードを持っていれば、それで追加発行をするのが良いでしょう。
ETCカードはクレジットカードの会員サイトから、申込みができるようになっているケースがほとんどです。

もうひとつは新規発行するクレジットカードと同時発行する方法です。
クレジットカードの申込フォームに、ETCカードを同時に申込みをするという欄があるかと思います。
ETCカードを同時発行するなら、そこにチェックを入れましょう。
還元率が高いクレジットカードと同時発行をすれば、ETCカードでよりポイントを貯められてお得です。

・届くのを待つ
申込が完了したら、ETCカードが届くのを待ちましょう。
発行期間はクレジットカードによりまちまちですが、だいたい2週間前後となることが多いようです。
還元率が高いクレジットカードと同時申込をした場合は、クレジットカードとETCカードは別々に発送されることもあります。
クレジットカードがまだ届いていない場合はETCカードが先に届いても、まだ使えませんので注意してください。

■楽天カードのETCカード

ETCカードを発行するなら、還元率1.0%がおすすめです。
楽天カードは還元率1.0%のクレジットカード。
顧客満足度ナンバーワンを連続獲得している、人気のクレジットカードです。
テレビCMもよく見かけますね。

・ポイントシステム
100円に1ポイントがたまります。
ETCカードの利用でも100円に1ポイントがたまるので、還元率は1.0%です。
ただ街中にある楽天カード加盟店では、ポイント2倍~3倍になることもあります。
さらに楽天市場では、いつでもポイント4倍。
還元率4.0%となり、クレジットカードとしては驚異的な数字になります。

・年会費
楽天カードは永年年会費無料。
ETCカードの年会費は500円(税別)、発行手数料は無料です。
ETCカードの年会費がかかるのが残念ですが、楽天ポイントクラブのダイヤモンド会員、プラチナ会員になるとETCカードの年会費が無料になります。
楽天ポイントクラブの上位会員の方は、お得にETCカードを使うことができます。
またゴールドカード以上になると、ETCカードの年会費は無料になります。
ポイント還元率も高く、年会費も無料になるとさらにお得になりますね。

・入会資格
満18歳以上で安定した収入がある方、または高校生を除く学生の方。
楽天会員に登録していることが必要です。
楽天カードは比較的、審査にとおりやすいクレジットカードとされています。
アルバイトやパートなどの非正規社員でも申込することができます。
専業主婦でも審査通過できているケースも多数あります。
ただブラックでも発行できる…といったウワサもあるようですが、現実はブラックではちょっと厳しいと言えます。

・家族カード
楽天カードは家族カードを無制限で発行することができます。
還元率が高いので家族カードでETCカードを発行するのもおすすめ…といいたいところなのですが、家族用のETCカードは発行できません。
これはちょっと残念ですね。
ETCカードを使いたい場合は、それぞれ自分名義の楽天カードを発行する必要があります。

楽天カードは還元率が高く、ETCカードの利用で多くのポイントを獲得できます。
楽天カードでたまった楽天スーパーポイントは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスだけでなく、街中の楽天スーパーポイント加盟店で支払いに使うことができます。
条件を満たすことで年会費無料になりますし、ETCカードの発行にはおすすめのクレジットカードでしょう。

■オリコカードザポイントのETCカード

Orico Card THE POINTは、オリコカードが現在イチオシしているクレジットカード。
個性的なクレジットカードを多いオリコカードから、ポイントシステムを強化し発行されました。
ポイント還元率が高く人気です。

・ポイントシステム
100円に1ポイント付与となり、還元率は1.0%です。
そして入会6ヶ月間はポイント2倍となりますので、還元率は2.0%にアップ。
ETCカードの利用分も、1.0%~2.0%の還元率となるポイントを獲得できます。
クレジットカードの還元率は1.0%以上になると高いと判断できますから、6ヶ月間とはいえ2.0%のポイント獲得できるのはスバラシイですね。
さらにオリコモールの経由では、ボーナスポイントに0.5%のOrico Card THE POINTの特別加算があります。
Amazonなどのネットショッピングでも、お得になるクレジットカードです。

・年会費
年会費は永年無料です。
ETCカードも年会費無料、発行手数料無料です。
家族カード(3枚まで発行可能)も年会費無料なので、まったくコストをかけずに使えるクレジットカードです。
家族カードでもETCカードを発行することができ、1.0%~2.0%の還元率となるポイントを獲得できます。
今は家庭に1台ではなく、1人1台車を持っている時代。
家族カードでもETCカードを発行できるのは便利です。

・入会資格
原則として年齢18歳以上(高校生を除く)であれば、申込みをすることができます。
アルバイトやパートなどの非正規社員、学生、専業主婦などの申込も可能です。
審査基準はそれほど厳しくないようです。
Orico Card THE POINTはオリコカードイチオシのクレジットカードとして、会員数を増やしている真っ最中。
審査基準を引き下げて、審査通過率を上げている可能性があります。

・利用限度額が高い
Orico Card THE POINTの利用限度額は10万円~300万円までと、最高利用限度額が高くなっています。
利用限度額がいっぱいになりETCカードが使えない…となることがありますが、Orico Card THE POINTならそのような心配はしなくても良いかもしれません。

Orico Card THE POINTは年会費無料で、ポイント還元率が1.0%と高いクレジットカードです。
ETCカードの利用でも、ポイントを貯めやすいでしょう。
たまるポイントはオリコポイントとなり、電子マネーポイントや共通ポイントへ交換することができます。

■ライフカード/ライフETCカード

おすすめできるETCカードとしてさけて通れないのがライフカードです。ライフカードは利用しやすいクレジットカードであり、実際に多くの方が愛用しています。

今回はライフカード/ライフETCカードの特徴を明らかにしていきます。本当におすすめできるカードなのでしょうか。何かしら問題はないのでしょうか。探っていきましょう。

・ライフカード/ライフETCカードの特徴とは?

年会費がかかりません。クレジットカードの年会費はかかりませんが、ETCカードも年会費がかからないのです。クレジットカードの年会費はかからなくても、ETCカードだけ年会費がかかる、という所も多いのですが、ライフカード/ライフETCカードはそんなことを行っていません。

更にポイント的なメリットが有るカードでもあります。通常のポイント還元率は0.5%の設定となっていますが、誕生月は5倍の設定となっているのです。誕生月のポイント還元率は2.5%となっているので、多くのポイントを一気にゲットすることも可能です。
さらに年間利用額に応じて、通常のポイント還元率が2倍の1.0%になります。

ETCカードを有効活用することで、ポイントもたくさんゲットできるチャンスがありますよ。

ポイントの有効期限については5年間となっています。ETCカードもしっかりと活用していけば、有効期限を気にする必要はありません。