ETC発行におすすめのクレジットカード

■ETCカードはクレジットカードで発行するのがおすすめ

有料道路の走行料金は、約90%の人がETCカードで支払いをしているそうです。
今や料金所で支払いをしているのは、10%ほどしかいないのです。
ETCカードは私たちの生活には、かなり普及していると言えるでしょう。
ETCカードを利用すると走行料金が割引になりますし、ETCカードを使いたいという人が多いのは当然かもしれませんね。
国もETCカードを普及させるために、走行料金の割引制度を行っているともされています。

ETCカードには2種類があります。

・ETCパーソナルカード
ETC単体で発行することができます。
クレジットカード機能がないので、ほとんど審査なく発行できるのが特徴です。
クレジットカードが発行できない人にとっては、ありがたい存在でしょう。
ただ最低2万円のデジポットが必要になる、年会費が必要になる、オンライン申込ができないなど、不便な点が多いETCカードでもあります。
正直おすすめできるとは言い難くなってしまいます。

・クレジットカードで発行するETCカード
現在主流となっているのは、クレジットカードで追加発行をするETCカードです。
年会費無料も多く、高くても500円程度で年会費負担は少なくて済みます。
またクレジットカードでの請求となりますので、ETCカードの利用分でもポイントを貯めることができます。
走行する機会が多いほどお得です。

ETCパーソナルカードより、クレジットカードで発行するETCカードがおすすめです。
クレジットカードで発行をすれば、デジポットを用意する必要はありません。
デジポットは解約時に返金されるとしても、最低2万円なんて高すぎますよね。
オンラインで申込みもでき、入手もしやすくおすすめです。

現在クレジットカードは、たくさんの種類が発行されています。
ETCカードはどのクレジットカードで発行したらよいの?と思う方も多いでしょう。

ETCカードの条件は、すべて同じというわけではありません。
どれでも良いと選んでしまうのは、おすすめではないでしょう。
機能などを比較して、自分に合ったクレジットカードでETCカードを発行するのがおすすめです。

ETCカードの発行におすすめなのは、どのようなクレジットカードなのかをまとめてみました。
年会費無料、ポイント還元率、発行期間など目的別に分け、ETCカード発行におすすめのクレジットカードはどれなのでしょうか。
クレジットカード選びに迷っている人は、参考にしてみてください。

■年会費無料ETCのクレジットカードがおすすめ

ETCカードは発行手数料や年会費が有料のものがあります。
おすすめなのはどちらも無料のETCカードをを発行できるクレジットカードです。
ETCカードをどんな風に使っても、コストがかかることはありません。
年に1度も使わなくても、お金は1円もかからないのです。
あまりETCカードを頻繁に使わない人にもおすすめです。

ETCカードの年会費、発行手数料とも無料のクレジットカード発行元

・イオンカード
ジャスコやイオンモール、マックスバリュなど、イオングループでお得になるクレジットカードとして有名です。
イオンカードはクレジットカードの年会費もすべて無料なのですが、ETCカードも年会費無料となります。
発行手数料も無料なのでおすすめです。
中でもETCカード発行におすすめのクレジットカードは、イオンカードセレクト。
クレジット機能だけでなくWAONやイオン銀行のキャッシュカード機能が付いたクレジットカードで、WAONのオートチャージでもポイントを獲得できます。

・オリコカード
個性的なクレジットカードを多く発行しているオリコカードのETCカードは、発行手数料も年会費も無料でおすすめです。
オリコカードではOrico Card iD×QUICPay、JEWEL-G iD/JEWEL-G QUICPayなどのクレジットカードがあります。
その中でも人気なのは、オリコカード・ザ・ポイント。
年会費無料ながらポイント還元率1.0%あり、ポイントがたまりやすいクレジットカードです。
ETCカードの発行にもおすすめです。

・セゾンカード
セゾンカードはクレジットカードの種類が多く、選択肢が多いのが特徴です。
ETCカードは発行手数料無料、年会費無料でおすすめです。
西友、リヴィンなどのセゾン系スーパーでお得になったり、有効期限のない永久不滅ポイントがたまることなどでも人気です。
ETCカード利用分で獲得したポイントも、有効期限はありません。
セゾンカードではスタンダードカードとなるセゾンカード・インターナショナルがおすすめです。
即日発行も可能で、急ぎの時にもおすすめのクレジットカードです。

・ジャックスカード
ポイント還元率が高いクレジットカードを多く発行しているジャックスカードも、ETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。
ジャックスカードではポイント還元率1.5%のREXカード、年会費無料ながら還元率1.25%のREXカードLiteなど、ポイントがたまりやすいクレジットカードが、ETCカードの発行にはおすすめです。

■ETCでポイントがたまるクレジットカードがおすすめ

ETCカードを利用すると、クレジットカードポイントを獲得することができます。
それならポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめとなります。

還元率が高くETCカード発行におすすめのクレジットカード

・REXカード
ポイント還元率は1.5%と高く、ETCカードでもどんどんポイントを貯めることが可能です。
0.5%のクレジットカードにくらべると、3倍のポイントを獲得できるのでお得です。
年会費は2,500円(税別)ですが、年間50万円以上の利用で翌年度の年会費は無料となります。
初年度年会費は無料ですので、使い方によってはゼロ円の年会費で使い続けられおすすめです。
ETCカードは発行手数料、年会費とも無料なのも嬉しいですね。

・楽天カード
年会費無料でポイント還元率は1.0%と高く、顧客満足度の高いクレジットカードです。
ETCカードの利用でも、1.0%のポイントを貯めることができます。
またENEOSでは100円に2ポイントとポイント2倍となるので、ENEOSをよく利用するドライバーにもおすすめでしょう。
楽天カードのETCカードは発行手数料は無料ですが、年会費は500円(税別)となります。
ただ楽天会員がダイヤモンド、プラチナになると、ETCカードの年会費は無料になります。
楽天会員上位の方にはおすすめです。

・ライフカード
ライフカードは誕生月にポイント5倍になるクレジットカードです。
ETCカードの利用分も、誕生月はポイント5倍。
誕生月1か月間でも、結構なポイントをためられお得です。
そのほか利用金額によりポイント最大2倍やボーナスポイントの付与などもあります。
通常のポイント還元率は0.5%と高いとは言えない数字ですが、上手に使えばポイントをためやすくおすすめです。
ライフカードは年会費無料、ETCカードも年会費無料、発行手数料無料です。

・オリコカード・ザ・ポイント
年会費無料でポイント還元率は1.0%あるクレジットカードです。
さらに入会6ヶ月間は2倍の2.0%になります。
ETCカードの利用分も、還元率がアップするのでおすすめです。
またオリコモールでは+0.5%のボーナスポイントが付与されるので、インターネットショッピングにもおすすめのクレジットカードでしょう。
iDとQUICPayがダブルで搭載されているので、少額決済もしやすくなっています。
オリコカード・ザ・ポイントのETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。

■ETCにおすすめガソリン代がお得なクレジットカード

ドライバーにとって、欠かせないのが燃料の給油です。
給油価格は安定しておらず、下がってラッキー!と思ったら、すぐに上がってしまった…ということもありますよね。
ガソリンがお得になるクレジットカードで、ETCカードを発行すると燃料代の節約になりおすすめです。

ガソリン代がお得になるETCカード発行におすすめのクレジットカード

・JCBドライバーズカード
高速道路やガソリン給油代金が、最大60,000円のキャッシュバックされるクレジットカードです。
毎月の利用金額によりキャッシュバック率が決定されるので、利用金額が多い人ほど有利。
クレジットカードの利用が多く、なおかつ高速道路やガソリン給油などが多い人におすすめです。
ガソリン代がお得になるクレジットカードは対象となるスタンドが限定されていることが多いですが、このクレジットカードはどこでもキャッシュバック対象になるのが嬉しいですね。
特定のスタンドではなく、いろいろなところで給油をするという人にはおすすめでしょう。
JCBドライバーズカードの年会費は1,250円(税別・初年度無料)。
ETCカードは発行手数料、年会費とも無料です。

・コスモ・ザ・カード・オーパス
コスモ石油では会員価格で給油ができるクレジットカードです。
コスモ石油での給油が多いなら、持っていて損はしないでしょう。
さらに入会から最大3か月は最大50リットルまで、1リットル当たり10円キャッシュバックされるサービスもあります。
年会費は無料ですので、コスモ石油を使うときのためだけに発行するのもおすすめです。
ETCカードは発行手数料、年会費とも無料。
ETCカードにはETCゲート車両損傷お見舞い制度が付帯するので安心感も高くおすすめでしょう。

・出光カードまいどプラス
出光ではいつでも1リットルあたりガソリンが2円引き、灯油が1円引きになるクレジットカードです。
さらに入会一か月間は、ガソリン・軽油が5円引き、灯油が3円引きになります。
出光でのガソリン給油が多い人ほど、燃料代を節約できおすすめです。
出光カードまいどプラスの年会費は無料、ETCカードも年会費無料、発行手数料無料です。
年会費+500円(税別)で、値引き率が高くなるオプションサービスを付けることも可能。
最大1リットルあたり8円引きになります。
年会費+750円(税別)で、ロードサービスを付けることもできます。
必要に応じてオプションサービスを付帯させるのもおすすめです。

■JMBローソンPontaカードVISA

おすすめできるETCカードとして注目してほしいのが「JMBローソンPontaカードVISA」です。すでに利用している、というかたも多いのではありませんか?またはこれから利用しようと思っている、というかたもいるでしょう。

今回はJMBローソンPontaカードVISAにはどのような特徴があるのか、ということを明らかにしていきます。ETCカードを追加発行できるわけですが、年会費の設定はどうなっているのかも気になるところでしょう。

・JMBローソンPontaカードVISAの特徴とは?

クレジットカード本体の年会費はかかりません。永年無料タイプのクレジットカードなのです。
一方で注目してほしいのがETCカードです。実はこちらに関しても年会費はずっとかかりません。クレジットカードもETCカードも年会費を支払わなくてよいのです。

JMBローソンPontaカードVISAはポイント還元率にも注目すべきです。基準のポイント還元率は0.5%の設定なのでそれほど有利とはいえません。しかし、ローソンで利用するとお得になるのです。
JMBローソンPontaカードVISAをローソンで利用すると還元率が2%から3%にもなります。カード名のとおりに、ローソンユーザーは必見です。

ちなみに自動車ユーザーはロードサービス加入も考えておきましょう。無料ではありませんが、格安でロードサービスを利用できるのです。